ホーム > 心の居場所(2018年10月号)

 パパラギソングがCD文庫に


皆さま、お元気でいらっしゃいますか。
厳しかった夏の後、台風、北海道の大地震と
災害が続いています。
被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
寒い冬がくる前に、
一日でも早く穏やかな生活が戻れるようにと祈っております。

クッキングスターに貼ってある安達元彦さんの書を
毎日眺めながら活動しています。
笠木透さんの詞「サモアにあるのは 人間の仕事」です。
あまりの忙しさにゆとりを忘れそうになるときに、
ふあっと気持ちを広げ、寛容さを取り戻させてくれるのです。

クッキングハウスの心の理念となって、
この言葉にいつも見守られながら、
私たちは活動しているのです。

1980年代、笠木透さんと安達元彦さんは、
「パパラギ」という一冊の本に大きく心を動かされ、
白人批判ともいうべきパパラギソング11曲をつくり、
自転車で各地をコンサート活動した時代がありました。
閉塞感が増し、不安だらけの今の時代を生きている
私たちにもっと伸び伸びと、もっとしなやかに、
もっとやさしく、もっと明るく生きてみようよと
元気づけてくれます。

これらのうたを安達元彦さんのうたと演奏によって、
CDとして残しておきたいと、
CD文庫制作の実行委員会「ラウラウの会」が発足しました。

合唱隊として、クッキングハウスのメンバーも録音に参加し、
皆で心を合わせて歌いました。
CD完成記念のコンサートが12月17日(月)に行われます。

チラシを同封しましたので、ぜひお出かけください。

(松浦幸子)